calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

        

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ルナちゃん、ありがとう。

免疫介在性溶血性貧血という病気と闘ってたルナちゃん。

9月2日にアドラーの血を輸血し、その後敗血症にもなったけど、

危機を脱して本来の病気との闘いに戻っていたルナちゃん。

ヘマトクリット値が低値ながら横ばいだったので、輸血のリスクよりも様子を見ていましたが、

やはり値が下がってしまい、ライルくんが供血をする準備を始めていました。

でも、昨日、容体が急変し、虹の橋を渡りました。

 

ルナちゃん、よくがんばりました。

いつもかわいい笑顔でした。

何度も危ないことがあったけど、そのたびにママさんのところに戻って来た

とっても強い子でした。

アドラーと一緒に供血後に会いに行った時、寝てたのに起き上がって元気な笑顔を見せてくれました。

最初で最後になってしまったけど、会えて嬉しかったよ。

ルナちゃんのお陰で、たくさんの方と出会い、たくさんのことを学びました。

ルナちゃんの繋いでくれたご縁を大切にして行きます。

ルナちゃん、お疲れ様でした。

ゆっくり休んでね。

そして、虹の橋のむこうのみんなと賑やかにたくさん走りまわって遊んでね。

ルナちゃんのこと、ずっとずっと忘れません。

ルナちゃん、ありがとう。

やすらかに。。。


0

    スポンサーサイト


    0
      • 2019.06.12 Wednesday
      • -
      • 22:38
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      ルナちゃん頑張ってくれましたよね、今回改めてアドラー君ママのブログを通し病気のこと、供血のことを知ることができ勉強させていただくことができました。ありがとうございました。
      先日もワン友さん間でこの話しをしました。私もですがワン友さん皆さん、アドラー君ママ含めルナちゃんの周りのワン友さんのルナちゃんを助けようと連携される姿にまずは感心しっぱなしでした。小さな命を助けようとする皆さまの行動力は素晴らしく尊敬します。
      グレースは避妊手術を期に車で40分かかる病院まで通っているのですが、私の住む地域でルナちゃんに施された治療ができる病院はきっと限られてしまうんだろうなと。そんな時飼い主がどこまで愛犬にしてあげられることができるかなど 私の中では今回いろいろ考えさせられました。まだまだ愛犬共々勉強です。今後ともよろしくお願いいたします!

      • gmama
      • 2016/09/25 4:58 AM
      >gmamaさん
      はい!ルナちゃん、がんばりました!
      gmamaさんやお友達さんたちも、場所が近かったら絶対に同じ事をしてたと思います。私たちが、特に何かすごいことをしたわけではないです。
      ただ、前から興味はあったので協力できてよかったと思うくらいです。
      こういうのは、経験してみないとわからないことがとても多いと思うので、それは発信して共有して行けたら、また誰かの何かに役に立つかもしれないと思いました。
      こちらこそ、いつもありがとうございます。これからも宜しくお願いいたします!
      • とっと
      • 2016/09/25 11:13 PM
      コメントする