calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

        

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

供血について。

今日は、供血について、ちょっと書いてみようと思います。

 

初めての供血でしたが、とにかく色々勉強になりました。

供血というのが、まだまだ知られていないこと、でも供血で救われたというわんちゃんが結構いること、

供血経験犬が意外といること・・・

でも、人間のように血液バンクや骨髄バンクのようなものはありません。

大きな病院では、供血犬という供血をするための犬を飼っているところもあります。

また、供血ボランティア犬の登録を行っている病院もあります。

でもそれはその病院での輸血のための供血犬なので、その病院でしか使えません。

供血ボランティア犬の登録をすると、だいたいどこの病院でも年に2回ほどの採血になるようです。

その血液は凍結保存され、必要な時に使われます。

また、緊急時に採血をすることもあるようです。

 

では、供血犬の条件は、というと・・・

6つの病院の条件を調べてみました。

 

’齢

1歳〜7歳(8歳までというところもある。)

 

体重

10kg以上(3病院)

15kg以上

20kg以上

30kg以上

 

M祝

狂犬病

ワクチン

ファラリア

ノミ・マダニ

 

い修梁

過去に輸血を受けたことがない。

妊娠、出産、交配経験がない。

妊娠中でない。

投薬中でない。

指定の病気に罹患したことがない。

秋田犬でない。

 

ざざっと調べたところでこんな感じでした。

 ↓、い亡悗靴討呂世い燭い澆鵑覆匹海眛韻犬任后

い倭管瑤全病院の条件なのではなく、このうちのいくつかがどこの病院でも条件になっています。

秋田犬に関しては、赤血球細胞内のカリウム濃度が他の犬種に比べて濃いらしく、

それが理由で供血犬には適さないとしている病院もあるようです。

全部の病院がそうなわけではありません。

 

それで、今回のSOSで割と問題になってたのが体重です。

今回は15kg以上という募集でしたが、ライルくんは12kgで病院に相談してOKでした。

理由としては、多分ルナちゃんがトイプードルで小型犬だったためだと思われます。

つまり、輸血を受けるわんちゃんの体重により、供血犬の体重も限られたり幅が広がったりなのだと思います。

それで、病院の登録のための供血犬の募集条件となると、基本的に保存が目的で供血するので、

たくさん採る必要があるので、体重の条件が重いわんちゃんになるのだと思います。

なので、供血犬の体重に関しては、緊急の場合(輸血犬が特定されている場合)は病院が掲載している

体重の条件がすべてではないと思われます。

 

採血量は、供血犬の体重によって左右されます。

体重の何パーセント採血可能という限度があるからです。

(何パーセントかというのはきちんと調べてないので触れません。)

今回アドラーは、400cc採血しました。

アドラーは体重31kgで、この体重だったら一番多くて600cc、普通は200ccということでした。

基本的には同じ犬から2度は輸血できないですが、1度目の輸血から5日以内なら同じ犬からもらえるということで、

多めに採ることになり400ccの採血となりました。

 

では、供血をしてからどのくらいの期間を開ければ再度供血ができるのか。

最低でも3週間は開けないといけないそうです。

でも、それは本当に緊急の場合のみで、普通は1ヶ月以上、

病院の供血ボランティア犬は半年の間隔を開けて安全にしているそうです。

これも、前回がどのくらいの採血量だったのかで、少し変わるようです。

アドラーは今回400ccだったので、おそらく半年開けるのが安全だと思います。

 

****************************************

 

今日はこのへんで・・・

 

迎えに行った時のアドラー。

耳ペタして甘えておりますDoCoMo

 


0

    スポンサーサイト


    0
      • 2019.06.12 Wednesday
      • -
      • 22:51
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      すごいすごい!とってもよくわかります。
      私も初め、ネットで調べたんだけど情報がまちまちで
      体重一つとっても、幅がありすぎるくらい統一されてなくて
      それがどうしてそうなのかも説明はないし
      とい呂世い燭ざδ未靴討襪韻譴
      (秋田犬の血の成分が新しい発見でしたよね)
      年齢も10歳までならという所もあったので
      どこに納得していいか分からなかったです。
      人間のような献血システムが整備されてほしいですよね。
      • ろはて
      • 2016/09/07 5:52 PM
      >ろはてさん
      そうですね〜・・・全く統一されてないですよね。
      まだまだ供血というのがメジャーではなく、統一できるほどの症例もないというか、症例自体をまとめてもいないんだと思います。日本の獣医の中で。
      だから病院それぞれが独自の基準でやってると思うので、それが違うと見る方(私達)も振り回されますよね。
      獣医師会、なんとかしてくださーいって思いますね。
      • とっと
      • 2016/09/08 12:34 PM
      コメントする