calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

        

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

アドラー、供血する。

アドラー、昨日、犬生初めての供血をしました。

先日書いた、免疫介在性溶血性貧血という病気のお友達ルナちゃんからの緊急SOSでした。

 

8月27日に供血のためのクロスマッチを受けた結果、大丈夫でしたという報告が29日にあり、

スタンバイしていたところ、一度退院していたルナちゃんが31日に緊急入院となり、供血要請がありました。

それで、9月2日(昨日)の朝9時半前に病院に到着。

もう一度診察を受け、一日の流れなどの説明を受けました。

そのまま、直前の再クロスマッチのためにアドラーは病院に引き取られ、待つこと約1時間半、結果が出て

問題ないとのことだったので、供血ということに正式決定しました。

 

最初のクロスマッチの時の結果の報告を受けた時に、1度供血をした犬からは2度目はもらえないけれど、

5日以内だったら抗体が出来ないギリギリの期間で同じ犬からの輸血を受けられるということだったので、

多めに採血を頼まれてました。

そういう経緯から今回400ccを採血することになりました。

採血時間は40分〜1時間くらいだけれど、その間静かにしているのもなかなか大変だろうということで、

鎮静剤を打つことになり、そうなると終わってからもしばらくは眠たくてフラフラするので、

しばらく病院で様子を見ます、と言われ、迎えに来るのは午後か夕方にということだったので、

いっそのこと私は家に一度帰り夜に車で迎えに来ることにしました。

病院は夜8時半まで開いていて、担当の先生もそれまではいらっしゃるということでした。

ただ、経過も心配だったので、午後か夕方に一度電話をして様子を聞くことにして、病院を出ました。

 

そして、夕方4時ごろ病院に電話をすると、前の手術が長引いて採血の開始が遅くなり、

今採血中です、と言われたので、もう1度夜6時くらいに電話をしました。

その時にはもうルナちゃんに輸血が始まっていて、ルナちゃんの経過も順調、アドラーも眠そうでフラフラしてる

けれども、数値的には問題ないとのことでした。

なので、心配だったら明日まで預かれますと言われましたが、数値的に問題ないなら大丈夫だろうということで、

夜8時半までには迎えに行くことになりました。

 

そして、8時半ギリギリに迎えに行き、アドラーに会いましたが、確かに後ろ脚がフラフラと

力が入らないようでしたが、他は元気でした。

その後、輸血中のルナちゃんにも会えるということで、ICUに会いに行きました。

ルナちゃんのママさんが、ルナちゃんは朝ぐったりして下も真っ白だったのが、

輸血を始めたらみるみるうちに元気になって起き上がって、舌もピンク色に変わったとおっしゃってました。

私達が行くと、寝てたところを起き上がって、かわいい笑顔を見せてくれましたニコッ

パパさんによると、吠えたりもしてたそうですエクステンション

アドラーとも記念撮影Docomo68

この後、帰宅となりましたが、アドラーはとにかく眠いのと疲れとで、

ご飯を催促することもなく寝てました。

先生からは、誤嚥の可能性などもあるので夜ご飯は少しずつ様子を見ながらやって下さいと

言われましたが、あまりにもよく寝てるので夜ご飯はやらず。

結局丸一日絶食となりました。

でも、今朝のご飯は普通に食べ、午前中はまだ眠たそうというかやっぱり食べてなかったのと、

採血のせいで、動きが鈍かったですが、すっかり元気になりました。

病院から、様子伺いの電話を頂いた時にルナちゃんの様子も聞きましたが、

今日も順調とのことでした。

 

この輸血でどのくらいもつかはルナちゃん次第ですが、

ルナちゃんは生命力がとても強い子です。

元気になれますようにと、祈るばかりです。

 

 

今回、初めて供血というのを経験しましたが、すべてにおいて初めてのことだらけで、

とても勉強になりました。いい経験にもなりました。

ただ、供血に関して、まだまだ知られていないことも多く、そのために起きた問題もありました。

アドラーの経験が今後誰かの役に立つことを願って、記録的な部分も含め、今日は事実のみを記しました。

これは、この病院(日本動物医療センター)のやり方のひとつの例であり、これが他の病院と同じではありません。

参考例として読んで頂けると嬉しいです。

 

その他供血に至るまで色々な問題が起きましたが、そのことと、少し専門的な供血そのもののことについても、

少し先生にお聞きしたこともありますので、今後そういうことも記して行きたいと思っています。

 

たくさんの方々が応援して下さっており、ママさんパパさんにとって心の支えになっています。

今後も引き続きルナちゃんの応援よろしくお願いいたします<m(__)m>

 

 

 


0

    スポンサーサイト


    0
      • 2019.06.12 Wednesday
      • -
      • 23:51
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      アドラーくんにとっても大変な経験だったね。
      でもルナちゃんの元気になったお顔が見られてよかったね。

      全然違う病気だけど、はっちゃん友のインギーくんも、
      しばらく前にゴールデンくんから、供血してもらって、
      今は元気に暮らしてます。

      アドラーくん、本当にお疲れさま☆

      おいしいごほうび、もらった? by hachi
      • アコハハ
      • 2016/09/04 6:56 AM
      こんにちは。
      お邪魔しに来ました。

      アドラー君、ありがとう。
      ルナちゃんもきっとママと頑張れるよね。

      そうそう、経緯や起きた問題や今後の課題や色んなこと。
      実際に行動したアドラーママさんしか書けません。
      続編もしっかり読まさせてもらいます!
      • ろはて
      • 2016/09/04 2:21 PM
      >アコハハさん
      そうですよね、供血で元気になるわんちゃんがいることは、ルナちゃんの希望にもつながりますよね。
      アドラーは、もうすっかり元気になりました。
      ありがとうございます。

      おいしいごほうび、もらったよ、はっちゃん(*^^)v
      はっちゃん、お空からルナちゃんを応援してあげてね。 by アドラー
      • とっと
      • 2016/09/05 8:41 AM
      >ろはてさん
      ご訪問ありがとうございます。
      色々お世話になっております<m(__)m>

      経験談とその他色々調べて書こうと思ってます。
      ちょっと時間かかるかもしれませんが・・・(^_^;)
      • とっと
      • 2016/09/05 8:44 AM
      コメントする